『おそ松さん』とはなんだったのかー「月刊ニュータイプ」6月号で振り返る!ポスター付録も!

5月10日発売の月刊ニュータイプ6月号(KADOKAWA)で赤塚不二夫原作によるテレビアニメ『おそ松さん』を振り返る特集記事「『おそ松さん』とは、なんだったのか。」という放送終了後の今、おそ松さんを振り返る特集が組まれています。

news_xlarge_newtype1606

特集には、フジオ・プロダクション代表であり赤塚不二夫の長女・赤塚りえ子氏が登場。6つ子を大人として描くという「おそ松さん」のアイデアを最初に聞いた印象、原作『おそ松くん』の魅力、父が残した言葉と哲学などを語っています。放送終了後もいまなお続くおそ松さんブーム。原作の赤塚不二夫先生側としてはどう受け止めているのか気になりますよね。

そのほかアニメ監督・幾原邦彦のインタビュー、GLAYのHISASHI、乃木坂46メンバー、お笑い芸人・ハライチのコメント、企業とのコラボビジュアルなども多数掲載されています。付録には「おそ松さん」と「劇場版『Fate/stay night』Heaven’s Feel」の両面ポスターが挟み込まれています。

なお今号には、キャラクター原案を務めた放送中の『甲鉄城のカバネリ』が絶好調の美樹本晴彦氏のインタビューも『美樹本晴彦WORKS』として掲載。アニメ業界に入ったきっかけや、キャラクターデザインを手がけてきた歴史を振り返っています。

ニュータイプ 2016年6月号
KADOKAWA/角川書店 (2016-05-10)
[月刊ニュータイプ]
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA