第29回東京国際映画祭にて、細田守・東映時代の初期作品から長編アニメまで一挙上映!

10月25日から11月3日まで開催される第29回東京国際映画祭のアニメーション特集として、細田守監督の特集が組まれることが発表されました。2014年には庵野秀明特集、2015年には「ガンダムとその世界」の大型特集を開催しました。細田守監督の特集は、その第3弾となります。

87bf024f

期間中は細田守監督の近年の『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』長編劇場映画に加えて、初期の東映所属時代の『ONE PIECE』や『デジモンアドベンチャー』など貴重な作品も上映されます!

と、いうことは東映時代の劇場版だけではなく。テレビ放映版も上映されるということでしょうか…!?上映内容などの詳細発表はおそらく先になりますが楽しみですね。

デジモンアドベンチャー

『デジモンアドベンチャー』シリーズ

コアなファンの間ではすでに『デジモンアドベンチャー』からその完成度の高さからアニメーション監督として注目されていた細田守監督。フリー転向後の劇場版からファンになった人はまさに日本のアニメ業界を背負って立つ存在の細田守監督の軌跡を知ることができるまたとないチャンスとなります!

それにしても…口コミでひろがり、ロングランヒットとなった『時をかける少女』が2006年作品だそうで、もう10周年になるんですね。このアニバーサリーイヤーとなる年に、細田守監督作品をまとめて楽しむことができるなんてとても楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。