『バイオハザード7 レジデント イービル』完成披露会レポ!恐ろしいぐらい “怖い” !!でもみんなでワイワイしたい☆

某有名アイドル乙女ゲームと発売日が重なりましたが、今月26日に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』の完成披露会にご招待いただきました!やはりバイオハザードシリーズは「怖い」というイメージがあったのですが、いい意味で「怖い」イメージが裏切られました。ちなみに、今回は一般から公募された「バイオハザード アンバサダー」の100人も会場に招かれました。

今回出演されたのは、『バイオハザード7 レジデント イービル』プロヂューサーの川田将央さん、同じくディレクターの中西晃史さん、主題歌「Aunt Rhody」を歌われたJordan Reyneさん、イーサン役の木内秀信さん、ミア役の樋口あかりさん、ジャック役の山路和弘さん、マーガレット役の伊沢磨紀さん、ルーカス役の佐藤せつじさん、謎の電話の女性役の小林ゆうさん。スペシャルゲストとしてお笑い芸人のメイプル超合金のカズレーザーさんと安藤なつさん。

『バイオハザード7 レジデント イービル』はアメリカ・ルイジアナ州が舞台。3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメールに導かれて主人公・イーサン・ウィンターズは遠く離れたルイジアナに車を走らせる。たどり着いたのは朽ちた廃屋。そこには紛れもない “悪夢” の入り口であった…

登場するベイカー家

最新のハードウェアを駆使した新しいゲームエンジン、従来のバイオハザードシリーズとは異なった “一人称” 、つまりプレイヤー目線でのゲーム展開がバイオハザード7での大きな特徴となります。またPS VRを始め、4KやHDRなど、最新技術が多数盛り込まれています。

主題歌「Aunt Rhody」のJordan Reyneさんの生歌で “恐怖” の世界へ

今回の主題歌「Aunt Rhody」は、アメリカで言う「むすんでひらいて」のような曲です。

カプコンから怖いイメージで仕上げて欲しいとの指示があり、怖いイメージを出すように積極的にしているとのことのですが、会場に用意されたベイカー家の食卓とReyneさんの歌が合わさり、会場にいた誰もがReyneさんの生の歌で恐怖の世界へ引きずりこまれました。

キャストのトークセッション

左からイーサン役の木内秀信さん、ミア役の樋口あかりさん、ジャック役の山路和弘さん、

左から、マーガレット役の伊沢磨紀さん、ルーカス役の佐藤せつじさん、謎の電話の女性役の小林ゆうさん。

木内さんは、やはりバイオハザード7が一人称的なプレイになったことから、やはり「バイオハザードシリーズは1からプレイしているが、怖かった。でも楽しく収録できた」とのこと。樋口さんはイーサンの妻・ミアを演じていて「まさか一般人で新鮮だった」とコメントしました。

山路さんからは、「ベイカー家は(放送禁止用語)ファミリーだけども、びびって映像を見て役を演じきれるのかな」と発言しており、個人的にキャストのトークを聞く限りだと、(放送禁止用語)なのは同意です。

演じる声優さんもバイオハザード7での収録は大変で、伊沢さんは「ストレス発散ができた上、新しい自分を発見できた。でも喉はぎりぎり枯れなかった」とのこと。想像するだけでも、大変そうで喉がなんとか枯れないで済んだのが安心しました。

ルーカス役の佐藤さんは「バイオ好きで、それを活かしてプレイヤーが怖くなるように演じてたつもりだけど、しゃべればしゃべるほどスタッフが笑ってた。できあがりが不安。」。安心してください、かなり怖かったです!

謎の女性を演じる小林さんは「謎のキャラクター、何も話せない。言えるのは、重要な役となっている、スタッフからのオーダーが電話だけれども、この電話の音が魅力的に聞けるように気にかけるようにしている。」と緊張しながらも勇気ある発言でした。アンバサダーとして参加された方からは、インターネット上で、やはり小林さんらしさが出ていたと絶賛していました。

山路さんからは「会社から圧力がかかっている」と。確かにバイオハザード7では情報統制がかなりなされており、「東北新社の地下室で小さなパソコンを開いて練習していた」とセキュリティには気をつかっていたとのことです。やはり小林ゆうさんも、練習はかなり大変だったとのことでした。

生アフレコを挟み(残念ながら写真撮影はNGでした)、筆者は生演技でかなりの「怖さ」を体感しました。

アフレコ後には、木内さんは「向こう(アメリカ)の役者さんの声を参考にして演技をした。画面は見なかった。」と今回新しくバイオハザード7が一人称的にプレイが展開される上でのコメントでした。樋口さんは「ちょっと変わったときに普段使わない発声を使ってて汗づく、終わったあとやりきった感」があったとのこと。伊沢さんは「ずっと絶叫していた」と発言。

確かに生アフレコではキャスト陣は普段使わないような発声を使っており、とても声優としては大変そうだけれども、キャスト陣は声の演技のプロフェッショナルであるなと痛感しました。

メイプル超合金さんが登場シーンを再現&早速プレイ

バイオハザード7に登場するシーンをメイプル超合金さんが再現。会場はすごい笑いに包まれました。

早速メイプル超合金のカズレーザーさんがプレイ。しばらく廊下で襲ってくる老人と追いかけっこをしている状態となりました。

途中でなぜかセーブ。

いい感じのところまで行きましたが残念ながら会場のお時間で終了となりました。

『バイオハザード7 レジデント イービル』の紹介

  • 商品名:バイオハザード7 レジデント イービル
  • 対応ハード:PlayStation®4(PlayStation®VR対応/HDR対応、PlayStation®4 Pro 4K/HDR対応)、
    Xbox One(Xbox One S HDR対応)、PC
  • 発売予定日:2017年1月26日(木)
  • 希望小売価格:
    ディスク版 7,990円+税
    ダウンロード版 PS4、PC(STEAM版) 7,398円+税 Xbox One 7,400円+税
    PC(Windows store版)7,407円+税
  • ジャンル:サバイバルホラー
  • プレイ人数:1人
  • CEROレーティング:D(17才以上対象)
  • 著作権表記:©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

取材を終えて

アンバサダーに配布された「マネキンの指型USBメモリー」

メイプル超合金さんからはバイオハザード7は「みんなでワイワイしたいゲーム」とおっしゃっておりましたが、その通りだと思います。さすがに一人でやると “怖い” です。今回のバイオハザードからはプレイヤー視線でゲームが展開されていくので、誰かとワイワイしながらプレイすると盛り上がると思います!

今回はR18版もあり、PVを見させていただきましたがなかなかグロテスク。R18版を買われる方は注意してください。恐ろしいです。

バイオハザードシリーズでは “一人称” の形でプレイをする形となりますが、カメラワークのうまさ、最新のゲームハードの技術を駆使したリアルな描写、VRではかなりリアルになるので、「怖さ」を体験したい方はぜひとも『バイオハザード7 レジデント イービル』をプレイしてみてください☆

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク

間野 優希

間野 優希

投稿者プロフィール

いちごあん管理人兼総編集長。Free!の竜ヶ崎怜、あんさんぶるスターズ!の遊木真、アイドリッシュセブンの二階堂大和にお熱。乙女ゲームも好きな腐敗物。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る