予約受付中!美少女戦士セーラームーンの「ルージュ」内部太陽系戦士も加わり全5色となりリニューアル再登場♡

2016年3月に発売し好評を博したセーラームーンの「変装ペン」モチーフのルージュ「ミラクルロマンス メイクアップモイスチャールージュ」が内部太陽系の4戦士も加わり全5色となってリニューアル再登場します!その名も『ミラクルロマンス メイクアップモイスチャールージュ 2017』予約は現在バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて受付中です。

今回リニューアルされる2017年版のセーラームーンをイメージしたルージュは、2016年発売品の『メイクアップモイスチャールージュ』(変装ペン)のルージュカラーより普段使いしやすく、愛されメイクによく似合うピンクカラー「ヒーリングムーンプリンセスピンク」に進化!

さらに、セーラー4戦士の「変身ペン」モチーフ4種を加えた全5種がラインアップします!セーラームーンを含め全て「ミラクルロマンス」のブランドオリジナルカラーとのこと!

※「ミラクルロマンス」とは、「ベルサイユのばら」や「うる星やつら」、「美少女戦士セーラームーン」という、キャラクターと本格コスメをコラボレーションさせた商品を展開している「CreerBeaute(クレアボーテ)」内の「美少女戦士セーラームーン」をモチーフにしたブランドです。

セーラーマーキュリーをイメージした「アクアマーキュリーピンク」はナチュラルに色づく落ち着いたピンク、セーラーマーズをイメージした「バーニングマーズレッド」はクールで色っぽいメイクにぴったりのレッドです。

セーラージュピターをイメージした「サンダージュピターベージュ」は肌の色になじむピンクよりのベージュカラー、セーラーヴィーナスをイメージした「クレッセントヴィーナスオレンジ」はほどよいツヤ感で明るい表情を演出するオレンジカラーです。

本体のデザインは作中に登場するアイテムを再現しつつ、使いやすく、ポーチに入れて持ち運ぶのにも便利な高さ約13cmに設計。容器のカラーは、ファン層の中心でもある20~30代の女性でも持ち歩きしやすいように落ち着いた雰囲気の色合いにアレンジされているそうですよ。ポーチに入っててテンションがあがるような、メイクのまたちがった楽しさにも着目してくれてうれしいですね!

コスメとしての機能性の高さも追求。ヒアルロン酸Na、スクワラン、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油等、保湿性に優れた成分を多数配合しており、色づきながら保湿成分も配合されているそうです。まさに乙女の味方ですね!

・商品名  :ミラクルロマンス メイクアップモイスチャールージュ 2017(全5種)
・価格   :各3,024円(税込)(送料・手数料別途)
・対象年齢 :15才以上
・セット内容:ルージュ 1本
・商品サイズ:セーラームーン 約H128×W26×D20(mm)
他4種 約H130×W39×D20(mm)
・商品素材 :ルージュ 化粧品
※セーラームーン容器 ABS、SAN、PMMA
※他4種容器 ABS、PMMA
※ルージュ中具 ABS、POM
※緩衝剤 PET
※箱 紙
・生産国  :ルージュ・中具 日本
容器 中国
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」
およびオトナ女子美日和ショップ、博品館TOY PARK銀座本店、
キデイランド原宿店、キデイランド大阪梅田店、
全国アニメイト主要店舗(一部店舗を除く)、他
・予約期間 :2017年3月31日(金)13時~準備数に達し次第終了
・商品お届け:2017年6月予定

昨年の2016年バージョンを20代後半の友人が持っていて、とてもかわいいらしいルージュだと思いました。色のバリエーションもキャラのイメージにぴったりですし、いろんな場面で使い分けたくなるので、揃えたくなっちゃいますね。私はヴィーナスの色がお気に入りです!

[ミラクルロマンス メイクアップモイスチャールージュ 2017 プレミアムバンダイ] (C) 武内直子・PNP・東映アニメーション
(C) Naoko Takeuchi

スポンサーリンク

やなぎ千秋

やなぎ千秋

投稿者プロフィール

PS4のおかげで楽しい毎日。アニメやゲーム情報以外にも、オタクな女の子が好きそうなカルチャー情報にも興味深々です。記事を読んでいただきありがとうございます☆

この著者の最新の記事

関連記事

公式キャラクター「あんちゃん」

間野編集長になぜか新宿で拾われて「いちごあん」にやってきた猫(?)。

腐女子かつオタク。長野県安曇野市出身。

VAIOなど精密機器メーカーが多く所在するのを見て育ったことから、スマホ・PC関係にヤケに詳しい。格安スマホ・mineoを愛用。

●あんちゃんLINEスタンプ発売中!


いちごあん・オノデラの編集後記

ページ上部へ戻る