オタクでも出会いが欲しい!学生ライターが「オタク向け街コン」に行ってみたレポ。

2月某日。長い学生の春休みで暇を持て余した筆者の元に、友人からLINEが。

「オタク向け街コンがあるんだけど、行ってみない?」

思えば出会いも殆どなく、家でゴロゴロTwitterばかり…。せっかくの学生の長期休み、何かの収穫が欲しい!と思い、行くことに決めました。…そんなわけで、語りあり、出会いあり!?な人生初の街コンのお話を、レポートとしてお届けします!気軽に語りに行きたい!相手が欲しい!街コンってどんな感じ?そんなあなたに読んでほしいです。

街コンに応募してみよう!

今回参加したのは、「街コンジャパン」が開催する「趣味共友コン」。参加費は女性2,000円、男性8,200円で、居酒屋で軽食をつまみながらお喋りするスタイルでした。ひとりでの参加も、2人以上での参加も、もちろん可能。

まずは専用サイトから申し込み。今回は、友人からのお誘いということで、友人が私の分も申し込んでくれました。お誘いをもらって参加する場合も、メールアドレスが必要となるそうなので、友人にアドレスを教えて申し込み完了。すると私のスマホにも連絡が来て、参加を受け付けたと知らせてくれました!スマホがあれば気軽に申し込みができるのって、嬉しいですね☆

緊張の当日!

余裕を持って開催地に集合。まず、受付でスタッフさんに名前を伝え、出席確認。その後、数字の書かれたプレートと、交流を深めるための質問などが書かれた紙が配られました。友人と2人、同じテーブルで待機。しばらくすると、参加者が次々と集まってきました!

今回は、参加者全員で20人程度。全部で4つのテーブルに分かれ、1つのテーブルにつき女性2名、男性3~4名といった感じになりました。女性はテーブルから離れず、30分ほど経つと男性が隣のテーブルに移動する、「ローテーション形式」で街コンが進行していきます。

まずは自己紹介。名前や住んでいる場所などを言っていきます。また、受付で配られた質問用紙を見せ合うことも。 今回はオタク向け街コンでしたが、質問用紙にアニメに関することが書けなかったので、みんなで好きな作品を聞きあいました。男性だと、ソードアート・オンラインが人気な模様。女性は他のテーブルから「『ユーリ!!!on ICE』がよかった!」と聞こえてきました!アニメの話をしているうちに打ち解けて、普段の過ごし方や学校・仕事のことなど、普通の話題が増えていきました。アニメをきっかけに仲良くなれたという感じがします!

とにかく話せる!マッチングにドキドキ☆

話したことや、好感を持った方のプレートの数字は、しっかりメモしておきます(最後にお互い気になった異性を選ぶため)。色々話していると、時間はあっという間。30分ほどお話した後、LINE交換をしてローテーション。隣の席にいた男性達が、こちらのテーブルにやってきます。今回はこの「30分話す→LINE交換→男性移動」というローテーションを3回行い、全員で15人程度の男性と会話&連絡先交換したかと思います。

最後はお待ちかねのマッチング!これまで話した男性の中から、印象に残った方、好感を持った方のナンバーを3つまで書きます。自分が選んだ男性と、自分の番号を書いてくれた男性が一致すれば、「マッチング成功」となります。今回は、見事2組の男女がマッチング成功となりました!

街コンに参加してみて

まず、一番悩んだのが服装。他の女性参加者を見てみても、「オタサーの姫系」「ジャージやパーカーなどのラフなスタイル」といった印象はなく、シンプルで女性らしさのある雰囲気でした。私はワインレッドのニットに、黒いパンツでした!男性もニットやシャツなどで、さわやかな印象の方が多かったです。

「オタク街コン」で同じ趣味の人同士で集まりましたが、アニメの話題はあまりなく、お互いの私生活について話すことが多かったのは、ちょっと意外でした!賑やかに話が出来て、よかったなと思います。恋人になるような相手は見つからなかったけれど、アニメをきっかけにたくさんの方とお話しできたのは、とても嬉しかったです。また参加してみたいなあ!

[街コンジャパン]
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA