【AnimeJapan 2017】『弱虫ペダル NEW GENERATION』スペシャルステージレポ!小野大輔さんと某社チャーシューも登場!!

2017年3月26日(日)に開催された日本最大級のアニメ総合イベント・AnimeJapan 2017のREDステージにおいて『弱虫ペダル NEW GENERATION』の「箱根学園自転車競技部チームプレゼンテーション」が行われました!

この日のREDステージは約1,592席が用意され、多くの『弱虫ペダル』ファンが詰めかけ、ほぼ満席に近い状況でした。

今回は箱根学園のステージということで、泉田塔一郎役の阿部敦さん、真波山岳役の代永翼さん、黒田雪成役の野島健児さん、葦木場拓斗役の宮野真守さん、そしてシークレットゲストとして銅橋正清役の小野大輔さん、新開悠人役の内田雄馬さんが登壇!箱根学園のメンバーがずらりと揃いました。そして、『弱虫ペダル NEW GENERATION』のオープニングテーマを担当する夏代孝明さんによる「ケイデンス」とエンディングテーマ担当の佐伯ユウスケさんによる「ナウオアネバー」が披露されました!

ステージでは、キャスト陣からアフレコの様子などが語られました。宮野さんは収録スタジオでは「良いスタジオ感だった。」と語り、野島さんは「(荒北靖友役の)吉野さんから様々なことを教わった。」など、 ”箱根学園” キャスト陣が一心同体となって『弱虫ペダル』の世界観を作り上げていく熱意がとても伝わってきました。

シークレットゲストとして小野大輔さん、内田雄馬さんが登場した際には、会場から大きな大歓声が!

小野さんは『弱虫ペダル』のオーディションでは「巻島裕介」役を希望したものの、「きれいに落ちた。」と語りましたが、やはり『弱虫ペダル』の世界観に熱狂されロードバイクを購入し、激ハマりしている模様です。今回、小野さんが銅橋正清役としてキャスティングされた喜びがステージでは存分に伝わってきました。

とりあえずイメージ

筆者が会場で冷や冷やしたのが、小野さんが、片手にチャーシューを持ってかぶりつくマネをしながら登場したこと!宮野さんに「どこのチャーシュー?」とツッコミがあった後、小野さんはチャーシューの商品名をチェックし「(とある大手ハムメーカー)です!」と堂々と公言。その後、「(とある大手ハムメーカー)の柔らか○○チャーシューです!」と商品名も。これ、マネージャーさんから裏で怒られるのではないかと心配しましたが、キャスト陣からの「『弱虫ペダル』は(大手ハムメーカー)を応援しています!」とのことです。ごめんなさい、商品名は大人の事情で出せませんでした。

キャスト陣からはそれぞれのキャラクターへの思いを語られ、最後に全員で「箱学!ファイ!」の掛け声で士気を上げ、会場のファンからは泉田塔一郎の「アブ!」で応え、ステージが終了しました。

筆者としては、『弱虫ペダル』は総北高校推しですが、やはり箱根学園も今後の展開には目が離せません。小野大輔さん・内田雄馬さんが今後、『弱虫ペダル NEW GENERATION』で活躍するのは目を離せないのは当然ですが、小野さんのロードバイクライフも気になるところです。

[弱虫ペダル NEW GENERATION]

スポンサーリンク

間野 優希

間野 優希

投稿者プロフィール

いちごあん管理人兼総編集長。Free!の竜ヶ崎怜、あんさんぶるスターズ!の遊木真、アイドリッシュセブンの二階堂大和にお熱。乙女ゲームも好きな腐敗物。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る