cakesの人気連載「ゆるりまいにち猫日和」が、幻冬舎より書籍化・発売されました!

デジタルコンテンツプラットフォームcakes(ケイクス)にて連載されていた、ゆるりまいさんのコミックエッセイ「ゆるりまいにち猫日和」が、11月24日に幻冬舎より発売されました。本作品は、ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォームcakes(ケイクス)で連載されたものを加筆・修正のうえ書籍化したものです。

  • 『ゆるりまいにち猫日和』(ゆるりまい・作)

著者略歴

ゆるりまい

1985年生まれ。仙台市在住。漫画家、イラストレーター。
夫、母、息子の人間4人+猫4匹ぐらし。生まれ育った汚家の反動で、現在ものの少ない暮らし街道爆進中。ものを捨てることが三度の飯より大好きな捨て変態。cakesにてコミックエッセイ「ゆるりまいにち猫日和」を連載中。主な著書は、累計20万部を突破しNHK BSプレミアムでドラマ化もされた「わたしのウチには、なんにもない。」シリーズ、『なんにもない部屋のくらしかた』(共にKADOKAWA)など。

書籍『ゆるりまいにち猫日和』概要

なんにもないけど、猫はいる。しかも4匹!
4匹+4人家族。愛する猫たちに振り回される奇想天外な毎日。
ゆるり流、ごはん&トイレのすっきり収納アイデアも紹介!
累計20万部を突破「わたしのウチには、なんにもない。」シリーズが大人気の漫画家ゆるりまいによる、4匹の猫と家族の毎日を描いたコミックエッセイ。
猫たちを異常に可愛がりながらも、個性豊かな4匹にふりまわされる日々をユーモアたっぷりに描いたcakes(ケイクス)の人気連載の書籍化。
元祖!? ミニマリストのゆるりまいが紹介する、猫のごはんやトイレスペースの作り方も必見。

[Amazon]
 

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのライター。シナリオライティングもやってる、ゆるっと乙女ゲーマーです。声優さんも大好き。
ゲームでの糖分補給が欠かせず、不足すると機嫌が悪くなる。
ギャップ萌えをこじらせており、ツンデレヤンデレのデレを見ることが生きがい。