カウントダウンの正体は映画公開日発表!物語シリーズ『傷物語』の映画が1月に公開

先日、公式ページにてカウントダウンが開始された件について記事にさせていただきましたが(詳しくはこちら)、西尾維新さんの物語シリーズの最新作『終物語』の1話放送の最後に『傷物語』の映画が、三部作にて2016年1月8日より公開されることが発表となりました。

kizumonogatari

高校二年生の阿良々木暦はある夜、伝説の吸血鬼であり、
“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと衝撃的な出会いを果たす。

まばゆいほどに美しく。
血も凍るほどに恐ろしく。
四肢を失い、痛々しくも無残な伝説の吸血鬼。

全ての〈物語〉はここから始まる

西尾維新による原作小説「傷物語」を、「Ⅰ鉄血篇」、「Ⅱ熱血篇」、「Ⅲ冷血篇」の全三部作として映像化。『〈物語〉シリーズ』、『魔法少女まどか☆マギカ』の総監督新房昭之とシャフトが送る、『化物語』で描かれた“怪異の物語”の原点がここに。

引用:作品概要

引用にある通り、「Ⅰ鉄血篇」、「Ⅱ熱血篇」、「Ⅲ冷血篇」の全三部作となるとのことです。1月8日に公開となる「Ⅰ鉄血篇」の物語の概要も公開となっております。

桜が舞う三月二十五日、終業式の日の午後。
高校二年生の阿良々木暦は、
同じ学校に通う三つ編み眼鏡の優等生、羽川翼と遭遇する。
羽川から「この町に吸血鬼がいる」という噂を聞かされる暦。

その夜、街に出た暦は、地下鉄のホームで血塗れで四肢を失い、
必死に助けを求める女と出会う。その女は羽川の言葉通り、
金髪で美しく…背筋が凍るほどに冷たい目をしていた。

ようこそ。夜の世界へ

伝説の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと阿良々木暦の〈物語〉はここから始まる。

引用:Ⅰ鉄血篇

化物語の1話で概要が若干流れていただけであったものが、いよいよ映画となって目にすることができるというわけですね。『終物語』にて予告を拝見しましたが、シャフトらしい、その時の心情や動きを表現した躍動感のある映像となっていると思いました。公開が楽しみな作品ですね!

[『傷物語』公式サイト]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。