宮野真守出演『バケモノの子』好調スタート!『ドラえもん』、『妖怪ウォッチ』を超えるか

配給によると、11日に公開を迎えた細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』の初日15時までの興行収入は、細田守監督の前作『おおかみこどもの雨と雪』と比較して、162%、約6割増となりました。

65528

『バケモノの子』は、ある日、バケモノ・熊徹とひとりぼっちの少年(後に九太と名付けられる)が中心に、バケモノ界と人間界の2つの世界が巻き込まれた大事件に立ち向かうというストーリー。

細田守監督は、2012年に公開された『時をかける少女』で大きな注目を集め、今回の劇場展開も『時をかける少女』や前作『おおかみこどもの雨と雪』など人気を受けて当初より全国458スクリーンと大規模になっています。今回の『バケモノの子』ではそんな監督の実力が現れ、配給では70億円もの興行収入を得られるのではないかとしています。

興行収入70億円ってどの程度?

気になる興行収入70億円という額ですが、子供たちに人気の『妖怪ウォッチ』の劇場版で約70億円、『ドラえもん』シリーズの最新作では約40億円から、『バケモノの子』の興行収入70億円が射程範囲内とのことは、アニメ映画としては異例のことです。

経由元のアニメアニメによると、これまで細田守監督の支持が高かった男性層に加え、小学生やその家族を中心としたファミリー層、ティーン世代の友達同士、女性層、さらに年配世代に好評とのことです。

[配協 via アニメアニメ]

関連記事

『ボーイフレンド(仮)』トレーディングマルチクロス好評発売中♪人気のカードイラストが勢揃い!

泡箱流る

『PERSONA LIVEHOUSE TOUR 2015』が全国28ヵ所映画館にてライブビューイング決定!

日生 さゆる

文豪たちの青春グラフィティ!「学園文豪ストレイドッグス」4月1日にビジュアル公開?

やなぎ千秋

『星のカービィ』、25周年記念の一番くじが登場!甘くて可愛いグッズに注目☆

arise100

「Free!-Eternal Summer-アニくじR」発売開始!キャラクター勢ぞろいのラインナップ☆

arise100

『美少女戦士セーラームーン』スマホ向けパズルゲームが登場!

isan.siki