宮野真守出演『バケモノの子』好調スタート!『ドラえもん』、『妖怪ウォッチ』を超えるか

配給によると、11日に公開を迎えた細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』の初日15時までの興行収入は、細田守監督の前作『おおかみこどもの雨と雪』と比較して、162%、約6割増となりました。

65528

『バケモノの子』は、ある日、バケモノ・熊徹とひとりぼっちの少年(後に九太と名付けられる)が中心に、バケモノ界と人間界の2つの世界が巻き込まれた大事件に立ち向かうというストーリー。

細田守監督は、2012年に公開された『時をかける少女』で大きな注目を集め、今回の劇場展開も『時をかける少女』や前作『おおかみこどもの雨と雪』など人気を受けて当初より全国458スクリーンと大規模になっています。今回の『バケモノの子』ではそんな監督の実力が現れ、配給では70億円もの興行収入を得られるのではないかとしています。

興行収入70億円ってどの程度?

気になる興行収入70億円という額ですが、子供たちに人気の『妖怪ウォッチ』の劇場版で約70億円、『ドラえもん』シリーズの最新作では約40億円から、『バケモノの子』の興行収入70億円が射程範囲内とのことは、アニメ映画としては異例のことです。

経由元のアニメアニメによると、これまで細田守監督の支持が高かった男性層に加え、小学生やその家族を中心としたファミリー層、ティーン世代の友達同士、女性層、さらに年配世代に好評とのことです。

[配協 via アニメアニメ]

関連記事

『京都国際マンガ・アニメフェア2018』(京まふ)、「Fate/Grand Order」他、ステージ過去最多26プログラム、全て解禁!京まふステージ応募権付き入場券は8月26日(日)まで販売!

卯月ルナ

人気バンド「SEKAI NO OWARI」、ボーカル・FukaseがVOCALOID化!

有沢 ありせ

『ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート×ユニゾン! ~きらめきRADIO SHOW TIME VOL.3~』に寺島拓篤さんの出演が決定!

卯月ルナ

ゲーム『文豪とアルケミスト』、新文豪「井伏鱒二(CV:武内駿輔)」登場!転生イベント「井伏鱒二に関する研究 ―招魂研究―」開始!!

間野 優希

Happy Elementsの新作スマホゲーム『エリオスライジングヒーローズ』、事前登録の受付が開始!あわせてティザームービー第2弾&ゲームシステムが初公開☆

間野 優希

TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』から作品をイメージしたキャリーケースの発売が決定☆

間野 優希