トップ / イベント / AnimeJapan / 【AnimeJapan 2019】『PSYCHO-PASS サイコパス』スペシャルステージをレポート!『PSYCHO-PASS サイコパス 3』新情報の公開も

【AnimeJapan 2019】『PSYCHO-PASS サイコパス』スペシャルステージをレポート!『PSYCHO-PASS サイコパス 3』新情報の公開も

2019年3月24日に開催されたAnimeJapan 2019内で行われた『PSYCHO-PASS サイコパス』スペシャルステージをレポートいたします。

今回登壇されたのは敬称略で、関智一(狡噛慎也役)、野島健児(宜野座伸元役)、梶裕貴(慎導灼役)、中村悠一(炯・ミハイル・イグナトフ役)、司会のニッポン放送アナウンサーの吉田尚記。

イベントでは、『PSYCHO-PASS』における出来事が書かれた年表がスクリーンに表示され、それに関するトークが繰り広げられました。そして、2019年10月よりフジテレビ “ノイタミナ” ほかにて放送予定の『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の新情報の公開が行われました。

中でも『PSYCHO-PASS』内でもっとも昔の出来事は先日公開された「サイコパスSS Case.2 First Guardian」となります。そして、TVシリーズ第1期の常守朱が新任監視官として活躍する流れになっており、第1期では監視官だった宜野座を演じた野島さんは「心が一度生まれ変わったような感じでした」と振り返りました。

トーク内では、新情報として、最新作『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の時代設定が、公開中の劇場版『Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」』より3年経った2120年10月から始まることが明らかになりました。

しかし、新作はかなり切迫したスケジュールで制作が進行していると漏らし、関さんは「相当なマゾですね……」とつぶやき会場から笑いを取る場面も。

そして塩谷監督からのメッセージが届き、第3期は4年前から準備をはじめ、中でもシナリオの制作には3年という長い時間をかけ準備をしていたとのこと。従来の日本の鎖国体制から開国へと舵が切られるにあたって大きく変化しつつある日本を舞台に、新キャラクターの他に、狡噛、朱、宜野座も登場することが触れられ、会場からは大きな拍手で盛り上がりました。

最後に関さんが締めとして、これまでPSYCHO-PASSシリーズを応援してくれたファンへの感謝の気持ちを述べ、イベントが終幕しました。

PSYCHO-PASSシリーズ最新作『PSYCHO-PASS サイコパス 3』 は2019年10月よりフジテレビ “ノイタミナ” ほかで放送予定です。

スポンサーリンク

About 間野 優希

間野 優希
いちごあん管理人兼総編集長。アイドリッシュセブンの二階堂大和にお熱。重度のメガネ好きでレッツノート信者な腐敗物。

もっと見る

【AnimeJapan 2019】『進撃の巨人』のジオラマがすごい!これは何度見直してもすごい!

いちごあん編集担当の間野です。 …