韓国では定番!コグマ(さつまいも)ダイエットを簡単にご紹介♪ 韓国アイドルもやってます☆

今回は韓国では定番中の定番、コグマ(さつまいも)ダイエットについてご紹介します。

すでに知っていて、実践した人も多いであろうコグマ(ダイエット)。
やったことがない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

コグマ(さつまいも)ダイエットって?

げん韓国語でさつまいものことを고구마(コグマ)といいます。

さつまいもを主食と置き換えるダイエットのことです。
韓国ではこのダイエット法がとてもメジャーで、実践しているアイドルや芸能人も多いことで知られています。
そこから韓国ブームで日本にもあっという間に伝わりました。

さつまいもでダイエットできるの?

さつまいもって炭水化物だし、ダイエットできるの?と思いませんか?

実はさつまいものカロリーはお米よりも低いんですよ。

ご飯(約お茶碗1杯分 150g)約250kcal
さつまいも (150g)約190kcal

ご飯よりさつまいものカロリーが、約60kcal低いですね。

約60kcalを消費しようと思えば、体重が50キロの人ならほどほどの速さで20分のウォーキングをしなければいけません。

そう考えるとたかが60kcalも、なかなか大変ではないでしょうか。

さつまいもの効果

さつまいもは低GI食品です。
食後血糖値の上昇が低い食品です。

コレの何が良いかというと、糖をエネルギーとして脂肪を溜め込むインスリンの過剰な分泌を抑えてくれます。
しかもお腹でゆっくりと消化と吸収をしてくれるので腹持ちも良いんです。

さつまいもは、皆さんもご存じの食物繊維が多い食物です。
他にも脂肪を抑えて肌の老化を防いでくれる効果で知られる【クロロゲン酸】や胃の粘膜を守って排便の効果を高めてくれる【ヤラピン】という成分も含まれています。

さらに、むくみに効果的なカリウムやビタミンCも含まれていて栄養もたくさんあります。

さつまいもダイエットの基本のやり方

では、さつまいもダイエットの基本的なやり方をご紹介しましょう。

  1. 1日1食の主食をさつまいもに置き換える
  2. さつまいもは蒸すor焼く
  3. 皮ごと食べる
  4. 冷やして食べる

とてもシンプルですよね。

さつまいもは【準完全栄養食品】で、栄養価も高いので、置き換えダイエットにオススメの食品といえます。

さつまいもの皮に栄養が多く含まれているので、なるべく皮ごと食べましょう。
冷やすことでデンプンが食物繊維と似た働きをしてくれるので、なるべく冷やして食べましょう。

レンジでチンの蒸し方

さつまいもダイエットをしてみたいけど、蒸し方がわからない。
そんな方も、いらっしゃいますよね。

わざわざ蒸し器で蒸す、なんてことはしなくて大丈夫です。
簡単にレンジでチン、という方法があります。

  1. 濡らしたキッチンペーパーでさつまいもを包みます。
  2. その上からラップで包みます。
  3. それをレンジ(200w)で約12分。
  4. 指で押して柔らかければ出来上がり。

火傷に注意してくださいね。

さつまいもの大きさや個体差によって変わりますので、様子をみながらやってみてくださいね。

まとめ

今回は韓国ではメジャーな、さつまいもダイエットのご紹介でした。
いかがでしたか?
特に女性はいろいろなダイエットをすることが多いのは、世界共通ですね。

いくら栄養効果の高い食べ物でも、間食を避けてバランスよく食べ、運動をして健康的なダイエットが理想的です。

無理をせず、健康的なダイエットを心がけましょうね。

jinnami
jinnami
大阪在住WEBライター。MADE IN KOREA。 チャームポイントは右手のマムシ指。 趣味・特技はキャンドル製作。 キャンドルアーティストのディプロマ取得。 なんにでも興味津々。 生涯女子。

関連記事

最新記事