全日空、国内線機内にてWi-Fiサービスを開始!機内でツイッターも楽しめる!!

全日空(ANA)は1月25日より、国内線機内においてインターネット接続サービス「ANA Wi-Fiサービス」の提供を開始しました。

main-160114

ANA Wi-Fiサービスでは、無料にてスマートフォン・タブレットから、放送中の衛星放送チャンネルを見ることのできる「ANA SKY LIVE TV」、アニメやバラエティ番組などのオンデマンド配信を利用することができます。

また、インターネットの接続もクレジットカードでの決済にて利用が可能。価格は40分プランで550円、フルフライトプランで1050円。ただし、データ量が15MBを超えると一時的に回線スピードが遅くなるので要注意です。

対象路線は、羽田発着の新千歳、福岡、沖縄路線を中心にサービスを開始。ボーイング777/787/767/737、エアバスA320のすべてのクラスが対象。2017年度末までに合計約100機に拡充する予定です。

既に、日本航空(JAL)が機内でのWi-Fi接続サービスを提供していますが、飛行機を使ってイベントなどの遠征に出かける際には役に立つサービスとなるでしょう。

[ANA]
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA