NTTドコモ、 “実質0円” 販売を2月1日に廃止 ―スマートフォン価格の高騰化の可能性も

NTTドコモの代表取締役社長・加藤薫氏は、29日の同社の第3四半期決算の記者会見において、2月1日よりスマートフォンの “実質0円” 販売を終了すると明らかにしました。

maxresdefault (1)

スマートフォンの実質0円販売廃止は、総務省のタスクフォースでの要請を受けたもの。

加藤社長は「端末機器の販売は、(かつての)MNPで行き過ぎたキャッシュバックで大幅な値引きがあったが、これを是正しながら業界における不健全さを解消していきたいと進めてきた一方、総務省でのタスクフォースがあって総務大臣から要請を受けた。ドコモでは2月から0円以下の販売になるようなものは自主的に廃止したい。」と発言しました。

一部のスマホゲームはキャリアのスマートフォンのみサポートも

二次元男子に萌える女性界隈では、『あんさんぶるスターズ!』などのスマホゲームブームが起きています。IIJmioやmineoといった格安スマホ事業者で販売しているスマートフォンでは、サポートがキャリアのスマートフォンのみのため『アイドリッシュセブン』がインストールできなかったりと、キャリアのスマートフォンでなければ動作しないゲームも存在します。

しかしながら、端末の実質0円の販売の終了で、スマートフォンの “実質” での購入価格が上がることとなり、スマートフォンの買い替えがしづらいということも考えられます。

また、今回のNTTドコモの発表を受け、KDDI、ソフトバンクの動きが注目されます。

[Engadget日本語版]
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。