【オタク珍道中】OSK日本歌劇団『カンタレラ2016~愛と裏切りの毒薬~』桐生麻耶さんと舞美りらさんの囲み取材に参加してきた【大阪ナレッジシアター】

『カンタレラ2016』のゲネプロを鑑賞し終え、主演の桐生麻耶さん(以下、桐生)と舞美りらさん(以下、舞美)の囲み取材へ。御二方の美形オーラに圧倒されながら、『カンタレラ2016』を様々な角度からインタビューさせて頂きました!

OSK 2

※以下、画像や文章に舞台のネタバレ部分が含まれている場合がありますので、ご注意ください。

最後の曲は早口でテンポもとりづらかったと思いますが、いかがでしたか?

桐生
かなりの人数で歌い分けをしているので、リズムに遅れることなく全員が成立をさせないと、歌として成り立たない難しい曲ですね。『カンタレラ2016』を代表する曲の一つで、勢いだけではできない面白い曲でもあります。

舞美
人の出入りが多いのですが、「一人ずつの人生が表現できれば」と思いながら、舞台に立っておりました。

歌いながら踊るのは、初めての体験なのでは?

桐生
松竹座や他のレビューでもですが「踊った後に歌う」もしくは「歌った後に踊る」という振付がほとんどだったのですが、今回は「歌いながら踊る」という新しい振り付けでした。お腹を支えるというのが、踊りながらですともっと支えや意識が必要になるので、この公演を経験したらでOSKは更なる進化を遂げるのではないでしょうか。

舞美
やはり歌いながら踊る「カンタレラ」は難しいのですが、その場面に集中してお兄様との最初で最後の舞踏会を踊れたのではないかと思います。

カンタレラはボルジア家の象徴ですね

舞美
母(ヴァノッツア)から受け継いだカンタレラは、一番安全で信頼する人にしか見せない物でもあります。ボルジア家の絆を強固にしていった毒薬が、逆にボルジア家を崩壊へと導きます。

桐生
「ボルジアの女は強い」と、ボルジア家に尽くす為に強さが無いとやっていけないというのは、舞美(ルクレツィア)にも通じているのではないでしょうか。

今回の演技のポイントや、上島先生の演出・振付はいかがでしたか?

桐生
今回初めて上島先生に演出・振付をしていただき、今までにない新しい風を吹かせていただいたのですが、体現しきれていないことがまだまだあるのではないかと思います。どれだけお稽古を重ねても「これが限界」ということがないので、また上島先生とお仕事がしたいです。

舞美
踊りが好きでダンスのシーンは特に思い入れがあるのですが、上島先生に振付して頂くにあたって「曲」「振り」「場面の呼吸」「目線」が全て合わないと、上島先生が求めているものが体現できないのだなと感じました。

『カンタレラ2016』は息つく暇もない脚本でしたね。

桐生
千咲(ローザ)と愛瀬(ジョヴァンニ・メディチ)が舞台でホッとできるキャラクターですので、是非とも登場したら癒されてください。(笑)

舞美
お芝居をしててもほんわかした気持ちになるので、館でのドロドロした世界の中でも癒される存在ですね。

ルクレツィアが病んでしまい、チェーザレの演技は前半と後半で変わりましたか?

桐生
チェーザレの気持ちは一貫しては変わっていないんですよ。ルクレツィアを「一般的な愛」とは違う愛し方を選択していたのですが、最後に残された道がルクレツィアの入れた「カンタレラ」を飲み干すことで「愛を伝える」ということでした。ルクレツィアを取り戻したいという、愛が故にの行動でした。

舞美
生まれた時からチェーザレお兄様はずっと隣にいてくれて、ルクレツィアはそれが当たり前だと思っていました。その中で、チェーザレの犠牲によってボルジアが成り立っているのに気付き、「このままではいけない、私もお兄様のために出来ることは」と模索をし、愛するが故に盲信した結果が最後へとつながります。全ては「お兄様への愛」の行動だったということを表現できればと思います。

最後の「言葉って難しいな」という台詞が、とても重くなりますね…

桐生
どの時代でも一緒だと思います。言葉と言うのは人の解釈やシチュエーション、雰囲気によって全く受け取り方が違うものですね。チェーザレはルクレツィアのとった行動で「発した言葉に嘘はない人間」になろうという決意をしたのではないでしょうか。

メイクはご自身で行うそうですが、ポイントなどはありますか?

桐生
自信家であったり、人から受け入れられない部分があるので、目元を上げるようなメイクをしています。肌の地色をかなり濃くして、優男風にならないようにしています。

舞美
ポイントとは少し違うかもしれませんが、お化粧をしながら「チェーザレお兄様に好かれるように」と念じながらお化粧しています。

また、新たなファンが増えそうですね!

桐生
今までとは違った部分を、上島先生が新たな演出・振付で12人を磨いてくださったので、また新たな面というのを見ていただけると思います。

インタビューをさせて頂きまして…

1

OSK日本歌劇団メンバーは、超人揃い。
ゲネプロが終わった後すぐに囲み取材用ポスター前に駆け付けたのですが、舞台で激しいダンスと熱い演技を魅せた直後なのに、疲れた様子を全く見せない桐生さんと舞美さんに「凄い…」としか言えませんでした。

インタビューをしてみて「なるほど、納得!」「だからあの時…」といった、新たな発見もありました。チェーザレにとっての「愛」や、ルクレツィアの「チェーザレお兄様に気にかけて貰えるように」と念じながらのメイク、舞台裏のお話など、桐生さんも舞美さんの軽やかなトークで取材時間があっと言う間でした。
Blu-rayやDVD、博品館公演にも参加される方は、インタビューでのポイントを押さえながら観劇するのもオススメ!さらにディープに作品を楽しめること請け合いです。

舞台を作り上げる要素が、どれが一つ欠けても成り立たない。日に日に進化していく、OSK日本歌劇団の『カンタレラ2016』!東京・博品館劇場公演は2月18日~21日です。皆様是非ともご観劇のほど、よろしくお願いいたします!!

「カンタレラ2016~愛と裏切りの毒薬~」公演概要

出演

チェーザレ・ボルジア:桐生麻耶
サヴォナローラ:真麻里都
ホアン・ボルジア:悠浦あやと
フェルナンド3世:楊琳
ジョヴァンニ・メディチ:愛瀬光
ルクレツィア・ボルジア:舞美りら
ロドリゴ・ボルジア:香月蓮
クラウディア/ヴァノッツア:城月れい
ダンサー:麗羅リコ
ローザ:千咲えみ
ダンサー:栞さな
ミゲル:りつき杏都

演出・振付

上島 雪夫

上演時間

約2時間45分(15分休憩を含む)

公演期間

  • 東京公演:2016年2月18日(木)~2月21日(日)

2月18日(木)14:00/18:30
2月19日(金)14:00/18:30
2月20日(土)12:00/16:00
2月21日(日)11:00/15:00

会場

  • 東京公演:博品館劇場


住所:東京都中央区銀座8-8-11

観劇料

  • SS席 7,500円
  • S席 6,000円
  • A席 4,000円/学割 2,000円(小学生〜大学生・専門学校生)
  • U-25(S席)5,000円

※25歳以下の方がご利用になれます。ご入場前に受付にて生年月日がわかる身分証明書などをご提示して頂きチケットに確認印を押された方のみご入場いただけます。
※当日券は、前売価格に500円が加算されます。

チケットのご購入方法は7種あり、特設サイトの一番下から選択できます。→【チケット購入はこちら

ニコニコ動画でOSKチャンネル(有料、一般でも視聴できる生放送を放送する場合もあります)を登録すれば、2月1日(月)の11:00の回と、15:00の回を閲覧することが出来ます。

[「OSK日本歌劇団」公式サイト] [「カンタレラ2016 ~愛と裏切りの毒薬~」特設ページ]
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

マリモネコ

忍者、同人、声優さん、ゲーム、アメコミが大好物です。
文字も書くけど、たまに絵も描くまったりライター。
好みは幅広いですが、特に生真面目優等生なガチムチ系でホイホイ釣れます。初恋は助さん、好みドストライクはブルース・ウェイン。