『刀剣乱舞 Pocket』や『あんさんぶるスターズ!』は格安スマホで遊べるか試してみた!

いちごあんをご覧の皆様、こんにちは!ライターの奥野大児です。3月に下北沢の有名カレー店「マジックスパイス」はスープの味もお店もステキという記事を書いて以来2度目の登場です。

とうらぶあんスタスマホアイキャッチ

今回は筆者の得意なスマホ・格安SIM領域のテーマで、『刀剣乱舞 -ONLINE- Pocket』、『あんさんぶるスターズ!』の二つの人気スマホゲームが、最近話題になっている格安SIM・格安スマホでどのくらい快適にプレーできるか確認する、という指令を編集長・間野さんから頂きました。

両タイトルとも少額ですが課金もして、ある程度しっかり遊んでみました。遊んだ結果、データの通信量がどのくらい発生したか、バッテリーがどのくらい消費したかをご紹介しつつ、快適にプレーできたかどうかのご報告ができればと思っています。

記事執筆時点で、『刀剣乱舞』の審神者LVは45、『あんさんぶるスターズ!』のRANKは15といったところです。『刀剣乱舞』は薙刀と槍が作れなくてもやもやしているところです。もちろん熱心なプレイヤーのみなさんには敵いませんけれど!

プレー環境

それぞれのアプリには、スマホの利用条件が明示されています。

『あんさんぶるスターズ!』の方は対応機種はこちらのページに「iOS7.0以降/Android4.0.3以降」とあるだけなのですが、『刀剣乱舞』の方は刀剣乱舞-ONLINE- Pocket 対応機種一覧に、動作確認機種がびっしりと出ています。

p8lite

今回筆者が試したのは『刀剣乱舞』の対応機種一覧には記されていない、Huawei社のP8liteという機種です。2015年6月19日に発売開始、ネット通販では30,000円を切る価格で購入できるスマートフォンで、買い求めやすく、使い勝手も悪くない製品です。もうすぐこれの後継機種が発売されるのではないかという噂があったりなかったり。

格安SIMは、2016年4月の執筆時点で筆者が最も快適と思っているFREETEL(フリーテル)を利用しました。格安SIMとしてはIIJmioやOCN モバイル ONEなどのようにユーザー数が多くないと思われますが、回線環境の強化に力を入れている事業者です。

調査日時は休日の15時から16時ごろ、東京23区内の住宅街でプレーしました。

調査したこと

『刀剣乱舞』と『あんさんぶるスターズ!』の2ゲームをそれぞれ30分くらい、日常回すようなプレーをしました。それぞれ、プレー前後の

  • バッテリー容量
  • データ通信量

の数字を確認しました。

それぞれ、アプリのBGMやボイスはインストール時に設定されたままの状態としています。

『刀剣乱舞』のプレー結果

とうらぶメイン

『刀剣乱舞』は約30分のプレーで以下のようなことをしました。

  • 遠征×1(帰還部隊が2)
  • 刀装 50-50-50-50 を3回
  • 刀装解除を3回
  • 鍛刀 50-50-50-50 を2回
  • 錬結を3回

出陣は、記事執筆時点で開催されているイベント・戦力拡充計画の夜戦練習を回りました。20戦弱ほど対戦しました。

数値の変化

バッテリー・通信量は以下の表のとおりでした

使用量 プレー前数値 プレー後数値
バッテリー 11% 94% 83%
データ通信 2.9MB 2.3MB 5.2MB

P8liteのバッテリー容量が2,200mAhという数字ですので、プレー中に242mAh使用したことになります。

通信量は約3MBという数字です。FREETELを始めとした多くの格安SIM事業者は、月に3000MBで900円という料金設定が一般的ですので、同様のプレーを月に1000回やっても一般的な高速データ通信の枠内に収まる計算です。

ゲームプレーの体感

とうらぶ1

あくまで筆者の体感ですが、戦闘時の索敵のアニメーション、脇差や短剣の戦闘中のアニメーション、目録から各画面への切り替えなどはストレスなく行えました。

この機種でテストする前はiPhone 6s Plus(iPhoneの最新機種。P8liteよりもパワフルなスマホ)でも遊んでおり、それから比べても特に遅くなった感覚はありません。快適にプレーできますね。

『あんさんぶるスターズ!』のプレー結果

あんスタ!メイン

『あんさんぶるスターズ!』でも、約30分のプレーで以下のようなことをしました。

  • プロデュース実習(曜日)を1回
  • プロデュース実習(通常)を1回
  • ドリフェスの模擬戦を3回
  • ストーリーを5話分読む

もちろんプロデュース実習中にもバトルが数回発生しています。

数値の変化

バッテリー・通信量の変化は以下の表のとおりでした

使用量 プレー前数値 プレー後数値
バッテリー 18% 81% 63%
データ通信 19MB 0 19MB

P8liteのバッテリー量が2,200mAhですので、プレー中に396mAh使用したことになります。『刀剣乱舞』の1.6倍くらいバッテリーを使用していますね。

通信量は約19MBです。こちらは『刀剣乱舞』の約6倍。同様のプレーを月に157回やると月に3000MBのデータ通信枠に達してしまう計算になりました。

『あんさんぶるスターズ!』ではミニイベントの会話ごとにもデータ通信が発生していますし、そういったアクセス回数の多さが通信量やバッテリー使用量に影響している可能性があります。

ゲームプレーの体感

あんスタ!1

『あんさんぶるスターズ!』も『刀剣乱舞』と同様、iPhone 6s Plusでもプレーしていました。こちらも『刀剣乱舞』と同様、特に画面がガタつくこともなく、快適にプレーできました。

筆者の体感ではキャラの動きも滑らかに感じました。

プロデュース中に発生するバトル中の演出はiPhoneの方が滑らかに感じましたが、比べて比較しなければ気にするほどでもないかなといった印象です。

ただ、先にも述べました通り、データ通信が発生する回数が多いように思います。通信の快適さがゲームの快適さに与える影響は小さくないでしょう。

まとめ P8lite+FREETELの環境であれば特に問題なし

2タイトルをプレーして感じたのは、現在30,000円以上の価格で購入できるスマホとFREETELのような格安SIMの組み合わせであれば、外出先などでも特に問題なく遊べるだろうということです。

格安SIMに関しては事業者によって速度差が大きいものです。導入するのであれば、ご自分の居住エリアで快適に使えているといったネット上の情報を確認してから、事業者を選定すると良いでしょう。

Wi-Fi環境があるなら、それを積極的に活用して快適なプレーをしたいですね。

[あんさんぶるスターズ!] [刀剣乱舞-ONLINE- Pocket]

スポンサーリンク

odaiji

odaiji

投稿者プロフィール

世田谷区在住のフリーライター・ブロガーです。明日やりますというブログを書いていたり、ブロガーイベントを主催したり、文章書いたりしています。下北沢近辺にずっと住んでるオジサン。戦国時代が大好きで、とりわけ好きな武将は石田三成、本多正信。

この著者の最新の記事

関連記事

公式キャラクター「あんちゃん」

間野編集長になぜか新宿で拾われて「いちごあん」にやってきた猫(?)。

腐女子かつオタク。長野県安曇野市出身。

VAIOなど精密機器メーカーが多く所在するのを見て育ったことから、スマホ・PC関係にヤケに詳しい。格安スマホ・mineoを愛用。

●あんちゃんLINEスタンプ発売中!


いちごあん・オノデラの編集後記

ページ上部へ戻る