オタク女子におすすめのサブスク5選!アニメも音楽もアニソンも雑誌も全部サブスクで☆

いちごあん総編集長&管理人の間野です。みなさん、サブスクはご存知でしょうか?

サブスクとは、英語の「subscription(サブスクリプション)」から来ており、月額課金で特定のコンテンツやサービスが利用し放題!という形態のことを指します。

筆者も、いろいろなサブスクに加入していますが、今回、オタク女子に必見なサブスクを紹介したいと思います♪

おすすめサブスク5選!

①Amazon Prime

オタク女子にまずおすすめしたいサブスクは、「Amazon Prime」(Amazonプライム)です。

価格は、月額500円(税込)と年額4,900円(税込)から選択が可能です。

Amazonプライム会員になると、以下のことができるようになります。

  • Amazonでの商品での配送料が無料
  • Amazonでの対象の商品のお急ぎ便・日時指定便の料金が無料
  • Prime Video(プライムビデオ)で動画が見放題
  • Prime Musicで音楽が聴き放題
  • Prime Reading(電子書籍サービス)で対象のKindle本が読み放題
  • 容量無制限でフォトストレージサービス「Amazon Photos」が利用可能

などなどです。

Amazonプライム会員では、お急ぎ便が無料になることから、マンガや雑誌などの書籍や、食料品や生活必需品などが、 “ドラえもん” の四次元ポケットのように、最速で自宅に到着します。

お急ぎ便も便利ですが、特にオタク女子に必見なのは、プライムビデオです。

プライムビデオでは、たくさんのアニメが見放題!

プライムビデオでは、多くの日本や海外のドラマやアニメ、映画が見放題で見ることができます。

具体的な作品は以下の感じです。

  • 東京リベンジャーズ
  • 僕のヒーローアカデミア
  • うらみちお兄さん
  • 名探偵コナン
  • 鬼滅の刃
  • ハイキュー!!
  • 呪術廻戦
  • ワンピース

などなどあります。

全体的に、プライムビデオは昔の作品から今放送されている作品など、様々な作品が見放題で展開されています。

筆者も、iPadからプライムビデオで『鬼滅の刃』などを見ていましたが、画質も良く、iPadのアプリも使いやすくて、プライムビデオはなかなかおすすめです。

Amazon Photosでコスプレの写真も管理☆

コロナ禍で自宅にいることが多くなったこともあり、コスプレをされる方は、宅コスの機会も増えてきていると思います。

そんな中、スマートフォンの写真の管理が大変なことも想定されます。そして、Amazonプライム会員になることで、「Amazon Photos」というフォトストレージを無制限で利用できます。

宅コスの写真を保存したり、アフターコロナで外のスタジオやコスプレイベントなどで撮った写真も無制限で保存できるので、PCやスマホなどの容量も気にせずに、写真を管理できるのは魅力的ですね☆

また、プライム会員なら5GBまで動画も保存可能なので、YouTubeに投稿する編集前の動画置場としても使えます!

②YouTube Premium

次に紹介するのは、YouTubeのサブスクサービス「YouTube Premium」。個人的には、すごくおすすめしたいサブスクと言えます。

価格は1,180円(税込)ですが、費用対効果は最高ですよ!

鬱陶しい広告を無くすことができるのは快感☆

YouTubeで動画を見ている際に表示される広告が “ウザい” と思ったことがある方も多いと思います。

個人的にも、YouTuberさんの動画を見ている際に、ちょうどいい場面なのにも関わらず広告が表示されて、あまり良い感じがしなかったこともありましたが、YouTube Premiumに加入することで、このウザい広告も無くすことができます。

最近では、オタク向けのYouTube動画や、ミュージックビデオも多い中、広告を無くすことができるのは、一度試してみると元には戻れません。筆者も、3ヶ月の無料お試しサービスでYouTube Premiumを使ってみましたが、あまりの便利さに、有料となった際に解約することができませんでした。

事前ダウンロードのオフライン再生が可能なので、格安スマホユーザーには便利

YouTube Premiumでは、YouTubeの動画を事前にダウンロードし、オフライン環境でも見ることができる「オフライン再生」機能を搭載しています。

これを使うことによって、自宅のWi-Fiで事前に動画をダウンロードし、電車の中などで4Gや5G回線を使わずに動画を見ることができるようになります。

オフライン再生機能は、mineoやUQ mobileといった格安スマホを使っている方にとっては、貴重な “ギガ” を消費せずに、動画を楽しめるようになるので、これを目当てにYouTube Premiumに加入するのもありだと思います☆

 

定額制音楽配信サービスのYouTube Musicも利用可能!

YouTube Premiumのおまけというと失礼ですが、定額制音楽配信サービスの「YouTube Music」も月額1,180円(税込)のYouTube Premiumの契約で利用可能です。

楽曲的には、昔の曲から、最新曲まで何でも揃っています。SpotifyやAWAなどと比較しても、YouTubeで上がっているミュージックビデオもYouTube Musicで再生ができるので、楽曲数としては、業界の中でもトップと言えると思います。

アニソンも、YouTube Musicそのものに、キャラソンなどは入っていないこともありますが、YouTubeに上がっている著作権関連処理済みの動画と組み合わせることで、聞きたい曲は何でも利用できるのが魅了的と言えます。

③dアニメストア

dアニメストア」とは、NTTドコモが提供するアニメ専門の動画配信サービス。

dアニメストアは、NTTドコモのサービスでもありながら、ドコモユーザーだけでなく、auやソフトバンク、格安スマホ(mineoやIIJmioなど)ユーザーでも契約できるアニメサブスクです。

配信されているアニメの作品数が合計4,200作品(2021年9月現在)で業界随一で、アニメが欠かせないオタクには堪らないサブスクとなっています。

具体的に見れる作品は以下の通りです。

  • アイドリッシュセブン
  • ラブライブ!スーパースター!!
  • 東京リベンジャーズ
  • 呪術廻戦
  • ウマ娘 プリティーダービー
  • A3!
  • ツキウタ。 THE ANIMATION(1期・2期)

Amazonのプライムビデオと若干観れる作品は被っていますが、Amazonでお急ぎ便などを使わなかったり、プライムビデオの作品数が物足りなかったら、dアニメストアを使ってみるのも良いかもしれません。

筆者も、dアニメストアでよくアニメを見ていますが、倍速再生やオフライン再生が可能だったり、細かいところに手が届いている印象です。iPhoneやAndroid端末だけでなく、iPad向けにもiPadに最適化されたアプリが提供されているので、自宅でくつろぎながら、dアニメストアでアニメ鑑賞をするのも最高ですよ♪

dアニメストアは月額440円(税込)。ドコモユーザーの方は、通信料金との同時払いも可能です。

④アニュータ

数ある音楽サブスクの中でも、アニソンに特化した定額制音楽配信サービス「アニュータ」。月額600円(税込)ですが、SpotifyやAWAでは配信されていないアニソンが聴き放題のサービスです。

アニュータを立ち上げたのは、フライングドッグ、エイベックス・ピクチャーズ、KADOKAWA、サンライズ音楽出版、東映アニメーション音楽出版、東宝、フロンテイアワークス、ポニーキャニオン、マーベラス、ランティスの10社。会社やレーベルの枠を超えて、アニソン業界を盛り上げようとする熱が伝わってきます。

筆者もアニュータはたまに使っていますが、女性向けアニメやゲーム(『あんさんぶるスターズ!!』など)の楽曲も多数取り揃えられているので、アニュータはオタク女子の方もきっと満足する音楽サブスクだと思います。

また、YouTubeでアップロードされている著作権関連処理済みのミュージックビデオでは音質が悪いこともありますが、アニュータでは高品質(320kbps)再生も可能。音質にこだわる方もきっと満足できるはずです。

また、アニュータでは、音楽サブスクサービスだけでなく、キャンペーンやイベントの先行チケット応募サービスも実施しているので、好きな作品とコラボしている際にはぜひともチェックしてみてください。

⑤dマガジン

dマガジンは、NTTドコモが手掛ける雑誌が読み放題なサブスクサービスです。価格は月額440円(税込)で、人気の雑誌700誌以上が読み放題となります。

具体的に読めるオタク関連の雑誌は以下の通り。

  • アニメディア
  • アニメージュ
  • PASH!
  • 週刊ファミ通
  • てれびくん
  • B’s-LOG
  • 月刊ホビージャパン

他社でも似たようなサービスがありますが、アプリの使い勝手など踏まえると、筆者はdマガジンを1番におすすめしたいと思います。その上、雑誌を横断して記事単位での検索もできるので、気になるアニメや漫画などの情報を探したいときには便利ですね♪

dマガジンはNTTドコモが提供しているので、ドコモユーザーの方は、通信料金とセットで利用料金も払えます!

まとめ

ここまで、「Amazon Prime」「YouTube Premium」「dアニメストア」「アニュータ」「dマガジン」を紹介しました。

サブスクを活用すれば、オタ活・推し活ももっと積極的に行うこともできますよ!特に、「Amazon Prime」は筆者は非常におすすめしたいと思っています。

すべて加入すると、合計3,160円です。インターネットをフル活用して、オタクライフを楽しみましょう!

なかなかお金が…という方は、今使っているスマートフォンを、楽天モバイルやNTTドコモの「ahamo」に乗り換えて通信料金を節約するというのも良いですよ!

ここまで4,000文字弱となりましたが、読んでいただきありがとうございました。

関連記事

『おそ松さん』がスマホアプリ化の予告!?制作はD・techno

マリモネコ

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』「ヴィランアカデミア編」クライマックス!2021年9月18日(土)放送回先行カット解禁☆

間野 優希

『オトメディア』2017年6月号が5月10日発売!今号はジューンブライドを特集!表紙は『DYNAMIC CHORD』と『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』!!

間野 優希

『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』新ユニットCD発売記念!第一弾として『ALKALOID』のキャラクターストーリー動画を先行公開♪

間野 優希

スマホゲーム『アニドルカラーズ』配信3周年記念イベントが2021年1月23日・4月3日に開催が決定!その他周年企画も発表☆

間野 優希

TVアニメ『活撃 刀剣乱舞』堀川国広と新たな刀剣男士の姿が登場!新宿駅に2ヶ月連続・大型ポスター掲出

やなぎ千秋