SNSで話題再燃中の「リバースケア」って知っていますか?自宅でできるヘアケアです☆

「リバースケア」とは自宅でできるヘアケアです。いつもと逆の手順で行うヘアケアのことです。2018年ごろ話題になったのですが、最近またSNSで話題にあがっています。

今回はそんなリバースケアについてご紹介します。

リバースケアの効果とは?

リバースケアを行うとどういう効果があるのか気になりますよね。

リバースケアは以下のような効果があります。

  • ツヤが出る
  • しっとりまとまる
  • うねりが軽減される
  • 広がりやすい髪が抑えられる
  • 手触り、指通りがよくなる
  • 切れ毛が気にならなくなる
  • カラーの色もちがよくなる

こんなに効果があり、しかもお家で簡単にできるならぜひ試してみたいですよね。

次にリバースケアを行うために準備するモノのご紹介です。

リバースケアに必要なモノ

・ヘアブラシ

お家にあるもので大丈夫ですが、せっかくなら頭皮もマッサージできるヘアブラシがあれば、なお良いですね。

・洗い流さないヘアオイル(ナシでもOK)

自然由来のオイルを使うのがオススメです。

椿油や、ホホバオイル、アルガンオイルなどの自然由来のオイルにはミネラルやビタミンが含まれており、負担も少ないのでオススメです。

・トリートメント

こちらはいつも使っているもので大丈夫です。

・シャンプー

こちらもいつも使っているもので大丈夫。特別なものを用意する必要はありません。

・ドライヤー

こちらも普段お使いのドライヤーで大丈夫。しっかり乾かすことができれば問題ナシです。

この5つがあれば簡単に行うことができますよ。

リバースケアの方法について

ではさっそく手順のご説明です。

1. ブラッシング

毛先の絡まりをほどくようにやさしく、必ず毛先から順番に。最後に頭皮をマッサージをするようにブラッシングすればカンペキです。はじめに丁寧にブラッシングをすることで汚れやホコリが落ち、頭皮の血行も良くなります。

2. 乾いた髪のままヘアオイルをつける

次にオイルをつけます。

乾いた髪につけることで成分が浸透しやすくなります。こちらも必ず毛先から。つける範囲は毛先から中間までにしましょう。頭皮につけたり、つけすぎるとベタベタしすぎてトラブルにつながります。必ず適量を使用してくださいね。

そのまましばらく放置します。大体10分くらいで大丈夫です。

3. トリートメントをつける

オイルをつけた上から、トリートメントをつけます。こちらも毛先から中間まで。

こうすることでさらに浸透効果が高まり、この後のシャンプーで余分な油分を落としやすくする効果もあります。

4. ぬるま湯で軽く洗い流す

頭皮から全体を軽く洗い流します。必ず38℃から40℃のぬるま湯にしてください。ある程度、ヌルヌルが残る程度に洗い流しましょう。

5. シャンプーをする

手に適量を取り、泡立ててから頭皮をマッサージするように洗いましょう。けっしてゴシゴシ摩擦をおこしてはしてはいけません。毛先は泡で洗い流す程度でOK。

6. トリートメントをする

こちらはシャンプー後、キシキシしなければ省いてOKです。

トリートメントをする場合は塗布した後に粗めのコームでとかすとまんべんなく広がるのでオススメします。

7. 乾かす

最後にゴシゴシしないようにタオルドライしたら、ドライヤーで乾かします。洗い流さないトリートメントをつけるとさらに良いですね。乾かすときは頭皮からしっかりと、乾かしてください。

最後に冷風をあてて、キューティクルをギュッと〆ましょう。

リバースケアのまとめ

いかがでしたか?今回はSNSで話題再燃中のリバースケアについてご紹介しました。

リバースケアはいつも使っているものでできる、お手軽さがあります。

しかし、毎日すると油分が重くベタつく可能性もあるので週1回ほどを目安にしてくださいね。

ヘアカラーや、毎日のスタイリングで傷んだ髪に悩む女性は多いですよね。美容室での頻繁なケアも、時間やお金がかかるので簡単ではありません。

リバースケア は手間と時間はかかりますが、お家でもケアして綺麗な髪を目指しましょう。

jinnami
jinnami
大阪在住WEBライター。MADE IN KOREA。 チャームポイントは右手のマムシ指。 趣味・特技はキャンドル製作。 キャンドルアーティストのディプロマ取得。 なんにでも興味津々。 生涯女子。

関連記事

最新記事