異世界、転生、ご飯、恋愛…様々なジャンルを詰め込んだ『しあわせ食堂の異世界ご飯』♡ 自分の好きなことで周りも幸せにしていく主人公を応援したくなる!コミックシーモア・電子コミック大賞2022の異世界部門注目作品です☆

『しあわせ食堂の異世界ご飯』(原作:ぷにちゃんさん、作画:文月マロさん、キャラクター原案:雲屋ゆきおさん)は、前世は食堂の娘、そして今は小さな国の王女であるアリア(画像右)が、ひょんなことから料理人として活躍するという、グルメ系の異世界漫画です!

(1巻表紙より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

キラキラしたした絵柄は少女漫画や乙女ゲームのようで、どのシーンも可愛さ満点!ご飯を作るシーンや食事のシーンはもちろん、丁寧に描かれた異世界の街並みや、キャラクターの繊細な衣装にも引き込まれます。さらに、リントと名乗る謎の青年(画像左)とアリアの恋模様も描かれ、キュンキュンが止まらない展開も♡ 異世界、転生、グルメ、恋愛など、いろんなジャンルのストーリーを一気に楽しむことができ、おなかいっぱいな気分になれちゃいます!

かわいらしいイラストにキュン♡ ご飯を通して人が繋がっていくストーリーが温かい!

(1巻 第1話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

主人公は、小さな国・エストレーラの王女であるアリア。実は彼女は転生していて、前世では日本の食堂の娘でした!王女となった今も、大好きな料理を楽しみつつ、平和に暮らしています。ところがある日、冷酷無比といわれる皇帝・リベルトがいるジェーロ帝国へ嫁ぐことに!

(1巻 第2話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

「嫁いだら今のように料理ができなくなるかもしれない…」そんな思いを抱きつつも、意を決してジェーロ帝国へ向かいます。しかし大臣からは、「皇帝は妃を望んでいない」と、結婚を断られてしまうのです。


(1巻 第3話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

故郷に帰るわけにもいかない中で、ジェーロ帝国の街で生活することにしたアリアは、しあわせ食堂の店主と出会います。客足がないものの、店主にとってしあわせ食堂は、とても大事なお店。そこでアリアは料理人として働くことを決め、異世界にはない日本ならではの調理法や様々なご飯で、多くの人を幸せな気分にしていきます!

料理が好きな気持ち、王女様でも好きなことがしたい気持ちに溢れ、実際に行動に移していくアリアのパワーには元気をもらえます。好きなことをする楽しさや、自分の作ったご飯によって周囲が幸せになり、自分も幸せになる…という、食を通じた、人とのつながりの温かさ・大切さも、作品に散りばめられています!

(2巻 第7話 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

そして注目のキャラクターは、度々しあわせ食堂に訪れる青年・リント!まさに異世界の王子様のようなルックスで、少しミステリアスな部分もあります。始めは不愛想な彼ですが、アリアの作る、日本の食文化や調理法を生かしたご飯を食べて、次第に心を開いていきます!アリアもまた、自分の作った料理をリントに褒められると嬉しくなり、恋心を抱くように♡

(2巻 第9話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

会えると嬉しい気分になったり、ピンチの時に助けてもらったり、頭を撫でられたり…。だんだんアリアとリントの距離が近くなっていきますが、両片思いな二人のやりとりは、どこかぎこちなさが。そこがまたもどかしく、とってもキュンキュンします♡

アリアとリントの関係は、ストーリーが進むと意外な形に変化していきます!ちょっぴり不愛想な王子様系イケメンと、健気で素直な料理上手の女の子…。このたまらない組み合わせの二人の恋、必見です!!

調理のシーンや幸せいっぱいの食事シーンに癒される~!

『しあわせ食堂の異世界ご飯』は、なんといっても、調理中のシーンや食事のシーンなど、食にまつわるシーンが魅力!日本で定食屋の娘だったアリアだからこそ、異世界にはない調理法や食文化で、様々な人たちを虜にするご飯を作っていきます。

(1巻 第3話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

調理中のシーンは、手順が分かりやすいような構図や、大きく描かれた食材が特徴的。ファンタジックな演出で、何ができるかワクワクしてくるのもいいですね☆ 一生懸命ご飯を作るアリアの頑張りやこだわりが伝わります!

(1巻 第4話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

客足がなかったしあわせ食堂では、店外にもスパイスの香りが漂ってくるカレーを作って人を集めたり、肉や野菜が嫌いな子どもには、柔らかいハンバーグと、付け合わせにかわいく切ったにんじんを添えてみたりと、色んな人に合ったご飯を作るアリア。食やお客さんに対して真摯な気持ちが表れていて、彼女の思いやりがステキです♪

また、日本ではよく食べる料理も、異世界では珍しいもの。はじめて料理を目にしたお客さんの反応と、喜んでもらえるかドキドキするアリアの姿は、臨場感があります!

(1巻 第4話より 『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版)

そして、彼女の作るご飯を食べた人の表情も見どころ!おいしいものを食べたときの感動や、幸せな気持ちが生き生きと描かれています。アリアも自分の作ったご飯を気に入ってもらえた喜びが溢れて、キラキラした表情に!

ご飯によって幸せになる気持ちをキレイに演出することで、読んでいるこちら側も幸せな気分になります!どのご飯もおいしそうで、「今日のご飯は、アリアが作っていたものと同じにしようかな…」なんて思っちゃいます!

読むとおなかがすいてくる!異世界×転生×グルメ×ラブストーリー!

ときめきと幸せ、そしておいしいご飯が魅力的な『しあわせ食堂の異世界ご飯』、いかがでしたか?前世の時から大好きな料理をしていたいと思うアリアの、好きなことに対するまっすぐな気持ちや、彼女の作るご飯を食べた人々の幸せな気分が、キラキラした絵柄で明るく伝わり、引き込まれる作品です。

さらに、気になる謎の青年・リントとの恋の行方も注目のポイントで、異世界もの、転生もの、さらにはグルメやラブストーリーといった、様々なジャンルのストーリーが一気に楽しめます!好きなジャンルを読んでみたい方も、全部一気に味わいたい方も満足でき、読み応え抜群です☆ 『しあわせ食堂の異世界ご飯』で、おなかいっぱい、キュンキュンいっぱい、幸せいっぱいな気分になってみては?

[コミックシーモア 『しあわせ食堂の異世界ご飯』]

『しあわせ食堂の異世界ご飯』©文月マロ・ぷにちゃん・雲屋ゆきお/スターツ出版

有沢 ありせ
有沢 ありせ
妄想好きな夢女子で特撮女子。サブカルからファッション・コスメまで、何でも楽しむ雑多オタク。推しが高身長と悪のカリスマばかりになり、日々情緒をかき乱されている。

関連記事

最新記事