頑張り屋なお姫様と波乱万丈な恋から目が離せない♡『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』!コミックシーモア・電子コミック大賞2022にてラノベ部門を受賞☆ 原作のラノベでドキドキの愛されストーリーを楽しんで!

『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』(作者:真弓りの、キャラクター原案:まち)は、「地味姫」と呼ばれるセレンがあることをきっかけに特級魔術師を目指し、婚約を破棄するために奮闘するラブファンタジーです!ラノベの中でも人気の婚約者が登場するストーリーで、魔術や猫に変身するイケメンキャラ、おいしそうなスイーツなど、魅力的な要素が多数盛り込まれています!

(1巻表紙より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

そしてなんといっても、セレンの周りにいる様々な男性キャラクターの思いが絡み合い、恋の行く末が気になるワクワク感・急展開にハマります!「地味姫」と言われている反面、多くの男性を惹きつけるセレンの「愛され」な姿が、それぞれのキャラクター目線で描かれているのでキュンキュンしちゃいます♡ コミックシーモア・電子コミック大賞2022にてラノベ部門を受賞した作品で、話題のラノベを楽しんでみませんか?

婚約を破棄するために特級魔術師を目指す、頑張り屋なお姫様の物語!

公爵家の娘・セレンは、周囲から「地味姫」と呼ばれており、華やかな美女の妹・マリエッタとは対照的な存在。ある日彼女は、婚約者のヘリオスが「セレンではなくマリエッタを正妃にすべきだ」と言われているのを目撃してしまいます。

思い返してみれば今まで婚約者として特別に扱われたこともなかったと気づき、それはヘリオスがマリエッタに好意を抱いているからだと考えたセレンは、さらにショックを受けてしまいます。

(1巻・「地味姫、婚約破棄を決意する」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

傷ついたセレンは、人目を避けてやってきた魔術師棟で、魔術師団の団長であるヴィオルと出会います。そこで、普段はクールな彼が、カップケーキを食べようとしているのを見かけてしまいました!

実は甘いもの好きということを隠しておきたいヴィオル。セレンは、そのことを内緒にしておく代わりに、魔術を教えてくれる人を紹介してほしいと頼みます。するとヴィオルは、使い魔を送ると言うのです。ヴィオルの使い魔は、一匹の黒猫でした。セレンが「ヴィー」と名付けたこの猫の正体は、なんとヴィオルが変身した姿なんです♡

セレンが魔術を学びたいのは、「特級魔術師を目指し、婚約を破棄させる」という目的を果たすため。国を護る役割がある特級魔術師になれば、それまでの身分は剥奪され、セレンはヘリオスの妃になることができません。しかし逆に言えば、誰も傷つけることなく、正当な理由でヘリオスとの婚約を破棄できると考えたのです!

でも、ここで一つ大きな課題が。セレンは、魔術に関する知識はあっても、実際に使うことができません…。不安も山積みだけれど、全ては野望を叶えるため!セレンの魔術修行が始まります☆

穏やかで優しく努力家なセレンが、特級魔術師を目指し、「円満な婚約破棄」をさせてみせると奮闘する姿は応援したくなります!それに、婚約者のヘリオス、冷酷な魔道師のヴィオルや正体を隠した黒猫・ヴィーなど、気になる男性キャラクターも見どころ♡ ハラハラドキドキが続き、彼らとの関係も見逃せません!

『地味姫』だけど実は愛されまくりなお姫様♡ヘリオス・ヴィオルとの関係にときめく!

『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』では、主人公のセレンの周りにいる個性豊かな男性キャラが魅力!セレン、ヴィオルをメインとし、異なったキャラクターの視線でストーリーが展開されていくので、キャラクターがどんな思いを抱いているのかがリアルに伝わってきます。絶妙なすれ違いや内に秘めた思いを知るたびに、この先がどうなるか気になってたまらなくなります♡

今回は、筆者がきゅんとしたシーンを抜粋しました!ぜひあなたも『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』を読んで、最高のきゅんきゅんシーンを探してみてくださいね♪

(1巻・「もっとたくさん、話せば良かった」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

「背伸びばかりしていないで、もっとこうして色々話せば良かったんだな。そうしたら、お互い無理してたんだってことがもっと早く分かったのに。すまないな、自分のことで精一杯だった」

(1巻・「もっとたくさん、話せば良かった」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

王としての厳しい教育を受け、常に努力を重ねてきたヘリオスは、同じく妃教育を頑張ってきたセレンと似た者同士だと気づき、彼女に気を配れなかったことを悔みます。この優しい言葉がまた切なくて、本当に婚約破棄していいの!?と思ってしまいます!

綺麗なのになぁ。なんであんなに自信なさげなんだろう。完成された王子様的美形のヘリオス殿下と踊っていてもやっぱり見劣りしないと思う。見つめあってはポツリ、ポツリと何か話している様子の二人を見るのは、少しだけ胸がモヤモヤした。

(1巻・「どうだった?今日は」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

夜会でヘリオスと踊っているセレンを見た時の、ヴィオルの胸の内が分かるシーンです。黒猫・ヴィーの姿になってセレンに魔術を教えているうちに、彼女の努力家な面に引かれると同時に、恋心が芽生えてきたことが分かります。セレンに対して可愛いと思っているところや、嫉妬しているところもたまらない~!

ヘリオス殿下が褒めてくださって、わたくしは少しうつむいて口の端で笑った。婚約を破棄するために努力している今になって、ヘリオス殿下と出かける機会をいただいたり、こうして褒めていただいたりするなんて皮肉なものだわ。

(1巻・「夜会での思いがけないお誘い」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

こちらもまた夜会のシーン。一緒に踊っていると、ヘリオスがセレンの姿を褒めてくれました!今までなかった経験に喜ぶセレンですが、婚約破棄をするという彼女の意思も固いもの。まだヘリオスを思っている気持ちが絶妙に滲み出ていて、切ない恋を繊細に描いています。

(1巻・「夜会での思いがけないお誘い」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

優しい目元でそう言って、ヴィオル様はわたくしの腰に回した腕に力を込める。さっきよりも近くなった距離に、わたくしの心臓が急に強く打ち始めた。

(1巻・「夜会での思いがけないお誘い」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

なんと、ヘリオスと踊った後は、ヴィオルと一緒に踊るシーンもあるんです!思わずドキドキしてしまうセレンですが、これは三角関係の予感…!時にはヴィーの可愛らしい仕草と重なる部分のあるヴィオルが、どんどんセレンと距離を縮めていくのはかなり見どころです!

「地味姫」と揶揄されるセレンですが、実は愛され系なお姫様!これはかなりキュンキュンしますね~♡ 特に夜会のシーンでは、多くの男性から一緒に踊ってほしいと声をかけられ、セレンに好意を寄せている人がたくさんいることが伝わってきます。

ヘリオスへの恋心がまだ残っているセレンが、徐々にヴィオルに惹かれていったり、猫の姿を通じてセレンと距離を縮めたヴィオルがセレンに恋をしていると気づいたり、恋はますます加速していきます!婚約破棄と新たな恋の中で揺れ動くストーリーを楽しんで☆

愛されストーリー♡ ファンタジックな世界で健気に頑張るセレンを応援したくなる!

(1巻・「わたくしにも、そんな未来があるのかしら」より『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』©真弓りの・まち/双葉社)

「婚約破棄」というテーマを可愛らしくファンタジックに、愛されストーリーを織り交ぜながら展開していく『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』。個性豊かな男性キャラと、彼らに愛されるセレンの、恋模様と奮闘を描いています☆

コンプレックスを抱えつつも一生懸命頑張るセレンは温厚で、自分を犠牲にして他者の幸せを願うこともできる性格。そんな彼女を見ていると、絶対幸せになってほしい!という思いがこみあげてきます!彼女を支えるヴィオルの関係や、婚約者ヘリオスとの恋の行く末など引き込まれる要素も多く、ボリューミーな作品となっています。

流行中のラノベを読んでみると、またひと味違う楽しみ方ができそう。魔術も恋も、スイーツもたっぷりなラブファンタジー、いかがでしょうか?

[コミックシーモア『地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄』]

有沢 ありせ
有沢 ありせ
妄想好きな夢女子で特撮女子。サブカルからファッション・コスメまで、何でも楽しむ雑多オタク。推しが高身長と悪のカリスマばかりになり、日々情緒をかき乱されている。

関連記事

最新記事